エースホームの家づくり

家族を守る

大地震にも備えた、安心の強さ

大地震にも備えた、安心の強さ

何よりも大切にしたい住まいの耐震強度

揺れに耐え抜く住まい

大地震の記憶が新しい私たちにとって、建築条件で最も重視すべきはやはり耐震性です。エースホームの建物は、最低でも耐震等級2以上(数百年に一度発生する地震による力の1.25倍の力に対しても倒壊・崩壊しない)を確保した、大地震の揺れに耐え抜く住まいにしています。

建築基準法に定められた耐震基準の1.25倍を確保し、高い耐震性で家族を守ります。さらに大きな安全と確かな安心をご要望される場合には、最高レベルの耐震等級3にも対応します。また、一邸一邸において全棟地盤調査を実施し、地耐力を調べ、最適な基礎仕様をご提案することにより、強い構造を築く家づくりを進めています。

家族の命を守る「構造」や「基礎」

エースホームでは、軸組の主要部分には、厚い鉄板やドリフトピンなどを使った信頼性の高い接合金具を採用し、建物に強さと粘りを付加しています。また、躯体を構成する耐力壁において、一般的な基準を上回る幅の筋交いを使用したり、床を必要基準値を超える厚さの構造用合板を使った剛床構造を採用したりするなど、地震に対する強さ、構造の安定感をさらに高めるようにしています。
基礎部分も強度を重視し「オリジナルベタ基礎」を採用。地震、台風、集中荷重などで大きな力が加わっても、厚くて強固な基礎全体が、建物をしっかり支え、強い地震の揺れに耐える強固な家づくりが実現できます。

安心+αとして「制振システム」もご用意

エースホームの強固な構造体に加え、安心の+αとして最先端の「制振システム」もご用意。制振システムとは、建物内に伝わった揺れを特殊装置により吸収することで、大地震でも構造躯体の損傷を軽減するシステム。地震の揺れは、上の階ほど大きくなるとされ、特に2階の揺れを吸収し、家具が転倒しにくくなることで、家族を守る安心な住まいを提供します。大地震が起きた後も、簡単に改修して使えるように損傷レベルの低減を図っています。