家づくりの疑問を解決

住宅購入する時期とは?

住宅購入する時期とは?

★家を購入した時の子供の年齢は「0~2歳」が多数!

子育て世代が家を購入するベストなタイミングは、“子供が小学校に入るまで”が一つの目安だと言われています。では実際にみんなが家を建てたのは、子供が何歳の時だったのでしょうか?

アンケート調査によると、家を購入した時の子供の年齢で飛び抜けて多いのが「02歳」。一般的には子供が小学校に入るまでと言われていますが、実は子供が幼稚園や保育園に入るまでに購入している人が6割近くいます。
購入時に「02歳」「35歳」だとすると、住宅購入の検討時期は、そこから逆算すると、奥様が妊娠中や出産直後と重なります。
なぜ育児やその準備で大変な時に、人生の大きな決断である住宅購入に踏み切ることができたのでしょうか?アンケート回答者のコメントで、その気持ちを探ることができます。
まず気になっているのが学区の問題。『(学区の違うところに引っ越すと)小学生だと友達と離れがたくなるから』や『(幼稚園やその前のうちに)一緒に小学校に上がる友達をたくさん作ってほしい』というような、子供の友達づくりへの配慮です。
もう一つは『住まい周辺が子育てに適した環境ではなかった』や『賃貸は部屋が狭く子供はNGだった』というような、子育てしやすい環境を求める気持ちです。
子育て家族にとって住まいは子供の成長と切り離せないものだから、子育てしていく上で最善の環境を望んで、子供が小学校に入るまでではなく、早め早めから行動しているようですね。

★子育て重視のパパママの課題は、まず「環境」?

子供が生まれると子供中心となり、それまでの生活は一変します。子供が生まれる前から、今の住まいが子育てしていく上で適した環境なのか、じっくり考えてみてはいかがでしょうか?
子育てしやすい環境の条件としては、『自然が多い』『周りに子どもが多い』が支持されていて、『周りに商店が多い』などの利便性も望まれています。子育てしやすい住居については、生活スペースにゆとりを作りたいという傾向があります。
また、一戸建てとマンションで、どちらが子育てに適しているかとの質問には、70%以上の人が一戸建てと答えています。
子育て重視の理想的な環境を考えると、生活スペースにゆとりがもてる一戸建てがベストな選択になるのかもしれません。

~まとめ~

育児が始まると子供のために使う時間が大半を占めるため、自由に使える時間に制約が生まれます。
マイホームは欲しいけど『子育てが大変で、それどころじゃない』と、住宅購入計画を先延ばしする人もいますが、一方で子育てが大変な時期でも、子育てに適した環境に変えることを優先して早めに行動し、購入を決断した人がたくさんいることも事実です。どちらがよい選択なのかは人それぞれ。でも、先延ばししてしまったために結局断念してしまうことになるのは残念なこと。

家づくりの“思い”があれば、それを応援してくれる会社は近くにあります。子育てのことを考えるのと一緒に、住まいのことも夫婦で考えてみるきっかけにしてくださいね。

エースホームでマイホームを実現されたお客様の実例はこちら

埼玉の実例・外観デザインに魅了され、壁紙や収納にこだわった家

埼玉の実例・外観デザインに魅了され、壁紙や収納にこだわった家

埼玉県(川越市)でマイホームを実現したお客様の実例をご紹介!
外観のデザインや性能に魅了され、家づくりを本格的に考え始めたご夫婦。物の出し入れが多いところに設けた収納のおかげで、室内はいつもスッキリと気持ちのいい空間に。
子育てを楽しみながら、自分たちの時間も満喫できる住まいです。
お客様の実例ページはコチラ