COLUMN地震に強い家を建てるための
土地探し

地震に強い家を選ぶときに、まずチェックしておきたいのが立地です。
立地といっても駅からの距離ではなく、地盤の強さ、地震のときの揺れやすさなどのこと
これから家を建てる人が、土地を選ぶときにどんな点に注意を払わなければならないのか?
安心・安全な住まいを実現するために欠かせない視点や地盤・エリアのチェックポイントをご紹介します。

●30年以内に大地震、太平洋側で確立高め

政府の地震調査研究推進本部が4月27日に、特定の地点が30年以内に地震に見舞われる確率を示す「全国地震動予測地図」の2017年版を公表しました。
建物が倒壊し始めるとされる震度6弱以上の揺れが起きる確率は、南海トラフ地震など海溝型地震の確率が微増したのにともなって、太平洋側を中心にわずかに上昇しました。
全国トップは千葉の85%、2位は水戸と横浜の81%で昨年と変わらず。東京も47%で変わらなかった。主な地点では高知74%、静岡69%、大阪56%、名古屋46%で、いずれも1ポイント上昇しました。

●地盤は建物を支える重要な部分です

安心して暮らすためには、土地の地盤の強度を知って、もしも弱い地盤だったときには、補強工事などの適切な対処をする必要があります。
弱い地盤の上に家を建てると、地盤が家の重さに耐えられず不均衡に沈んで、家が傾いてしまうことがあるかもしれません。
これを「不同沈下」といいます。
不同沈下が起こると、壁に亀裂が入ったり、ドアや窓が開かなくなったり、床が傾いているため、めまいなど健康に悪影響が出たりすることも
このような沈下事故を防ぐために、 地層の構成や土の強さを調べる地盤調査を行うことが必要なんです。
目では見えない地盤の中を調べるには、いくつかの方法がありますが、一戸建ての地盤調査の主流となっているのは、 「スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)」という方法。
先端にスクリューの付いたロッドと呼ばれる棒を地面にまわしながら刺していって、何キロの重りが乗ると沈むか、 回転数はどうかなどで数値を出す方法です。

不同沈下を起こす可能性があるときに、どうすればいいのか?

弱い地盤だと分かった場合は、その状況に合わせた補強工事を行います。
地盤補強工事は、これから建てる建物を支える支持層(強い地盤)の深さ、地質などの条件によって適する工法は違ってくるのですが、一般的には「表層改良」「柱状改良」「鋼管杭」などの工法で地盤を補強します。
一般に表層地盤の揺れは、柔らかい地盤ほど揺れやすく、 かたい地盤ほど揺れにくいと言われています。地震は、震源の断層で破壊が起こって、それが堅い岩盤を通じて、表層の地盤に伝わることで揺れるのですが、 表層が柔らかい地盤ほど、揺れが増幅されるからなんです。
では、軟弱地盤だとどういうことが起こるのか?

「軟弱地盤」だと、どういうことが起こるのか?

地表での地震の揺れの大きさは、
① 震源の地震の大きさ
② 震源からの距離
③ 表層地盤のゆれやすさ
の3つで決まります。

このうち、①と②は、どこで地震が起こるかわからないので、どうしようもないのですが、
③の「表層地盤のゆれやすさ」を知ることは、先にも説明した通り、地震に強い家づくりには重要です。
先日、軟弱地盤の問題に関して、NHKでも報道されたり、建築学会でも指摘されましたが、
まるで、プリンのような柔らかいものの上にあるように、柔らかい地盤では、揺れが増幅されます

まとめ

家を建てる人の意識は「デザイン性重視」から「安全性重視」へと変化しています。
人生最大の買い物を、「見た目」と「価格」だけで判断するのはおすすめできません。
家は資産であり、人が快適に安心して過ごす大切な空間です。そのためには「耐震」、
「耐久」などの安心、そして「断熱」「省エネ」などの快適性の性能面を重視する。
これからの住まい選びには、そのような視点を持つと幸せな家づくりになると思います。

記事一覧